MILK&JAM DAYS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
悲しい現実

読んでいて涙が止まらなくなりました。
どうしようもなく憤りを感じます。
袋に詰め込まれた仔猫たちの顔が頭に焼き付いて離れません。
身勝手な人間の存在は許されて、
どうして「野良」と呼ばれる動物たちは許されないのか。
多くの「野良」を作り出しているのは人間なのに。

ペットブームの陰に・・・

この現実を少しでも多くの人に知ってもらいたいし、
これから動物を飼おうと思っている人には、
人間と動物との生活がどういう事なのかよくよく考えて欲しい。
小さな犬や猫は本当に可愛い。
でも、時間が経てば成長するし、老いていく。
病気もするだろうし、発情期だってある。
大きな声で鳴いたり、部屋の中で走り回ったりする。
うんちやおしっこの処理は毎日だし、ニオイもある。
猫なら毛玉を出すために吐いたりもする。
爪切りこまめにしてても
ワタシの体はひっかき傷多数だし、
ベッドのシーツも何枚も穴開けられた。
生き物だから当たり前の事ばかりだけど、
それでも本当にその面倒を責任持ってみれるのか?

動物を保健所に持ち込む=殺処分する、ことに正当な理由なんてない。
飼うなら死ぬまでどんなことがあっても面倒みる覚悟をしてください。


| **FINDING NECO** | 16:33 | comments(12) | trackbacks(9) |
スポンサーサイト
| - | 16:33 | - | - |
紹介されていた記事読みました。
とってもショックですが、これが現実なんですよね。
誰も初めから手放そうとして飼い始めるわけではないと思いますが、本当に最後まで責任を持つということを義務だと考えて欲しいものです。
せめてこれ以上こんな不幸な動物を増やさないために、今飼ってる人、これから飼う人にもこういう現実にきちんと目を向けて欲しいと思います。
私に出来る最低限のことは今私を無条件に信じている家の子(猫)達を命ある限り責任持って育てることだと改めて思いました。
| ともっち | 2004/09/29 8:18 PM |

TBピープルから飛んで記事を読みました。

ショックでした…。
言葉が思いつかないほど…。
特に麻袋に詰め込まれてる猫たち…あんなに簡単に殺されるのかと思うと人間ってなんてエゴの塊なんだろうと改めてそう思います。
私も前まだ目も開いてない2匹の子猫を拾ってどうにか救ってやりたい一心で手を尽くしました…。
けれど、2匹とも2日3日とも持たずに死んでしまいました…。
その子猫たち、100均で売ってる雑巾と共にとある病院の敷地内の植え込みの影で捨てられてました。
子猫が生まれたからって、こんな捨て方は酷いと今でも思います。
動物病院に協力してもらうなり、里親募集なりの張り紙とか出来なかったのでしょうか…。
…なんて、今いろいろと言ってもしょうがないですが…。
けれど、忘れられません。
その分今飼ってる犬猫に愛情を注いでやろうと思います。

動物を飼う以上、最期まで責任持ってほしいものです。
長文失礼しました。
| 伊東 和。 | 2004/09/29 8:44 PM |

たびたび、こんにちは(^^)
この記事を少しでも多くの方に読んで欲しいと思い関連記事をアップしました。
TBはらせてもらいましたm(__)m
| ともっち | 2004/09/29 9:17 PM |

噂には聞いておりましたが、ココまで壮絶で悲惨な状況とは思いませんでした。
改めて“野良”のおかれている状況を思い知ると共に「生き物を飼育する」ということの重大さを認識しました。
世の中に軽んじられてよい生命などあるはずがなく、同じ土壌に立つ人間がそれを弄んでいいはずがありません。
「生き物を飼育する」ということは「彼らの生涯を預かる」ことであると思います。
| めりすた | 2004/09/29 9:30 PM |

犬猫を買う人には、これらの写真や映像を見せながら、命の大切さの講習を義務付けても良いと思います。もっと言えば、ペットの飼育を免許制にしたって良いくらい。人間のモラルに任せてるだけだとどうなるかということは、既に実証済みなのだから、もっと踏み込んだ制度を取り入れるべきだと思います。チップ導入、捨てた者への重罰などなど。本当に心が痛みます。
| Lavande | 2004/09/29 11:10 PM |

>ともっちさん
TBありがとうございますm(_ _)m
ワタシもみるくとジャムを、その命を全うするまで責任持つことが自分に出来ることだと思います。
そして、この現実をひとりでも多くの人に知ってもらう為にも、
今後も動物たちの現状を度々アップしていこうと思ってます。
少しでも不幸な子達が救われるように・・・。

> 伊東 和。さん
本当にショックですよね。
殺されるために生まれてきたワケじゃないのに、
なんでこんな目にあわされているのか、
人間はそんなに偉いんだろうかと、疑問に思います。
尊いのは人間の命だけじゃないはずなのに。

ゴミのように捨てられていた仔猫たち。
酷い話ですね。
捨てていった人はきっと自分自身にもっともらしい言い訳を作って捨てていったのでしょう。
でも、絶対に許せないし、そんな人間がのさばっている現実が悲しいです。

>めりすたさん
>「生き物を飼育する」ということは「彼らの生涯を預かる」こと
・・・そのとおりだと思います。
ワタシも猫を飼う前は、動物の命に対しての責任とか余り考えた事がありませんでした。
でも、一緒に暮らしはじめてみたら、この子達は“ペット”ではなく、“家族”であり、姿形は違えども、しっかり感情を持った、
ワタシ達と何ら変わりない同じ生き物なんだということに気がつきました。
信じていた人間に裏切られて死んでゆく子達の気持ちを考えると、
胸が張り裂けそうです。
動物たちの現状を少しでも多くの人に知ってもらって、
この現実に問題意識を持って貰えればと思います。

> Lavandeさん
ワタシもペットの販売・飼育を免許制等にして欲しいと思います。
日本の法律は動物たちに冷たすぎると思います。
例えば化粧品等の動物実験が外資系では殆ど無くなっているのに、
日本の大手メーカーが未だに動物実験を繰り返しているのは、
日本人の無関心さに加え、行政側にも問題があると思います。
動物がもっと暮らしやすい世の中になる事を
ただただ祈るばかりです。

| piro | 2004/09/30 12:15 AM |

はじめまして。
私も猫を飼っています。猫が産まれたら保健所に連れていく、犬が飼えなくなったから処分・・・、とは、
どういうことかがはっきりとわかりました。とてもつらいです。
これ以上こういうかわいそうな犬猫を増やさないようにするためにはどうすればいいのか、
よくよく考えたいと思います。
そして、今、私にたくさんの喜びと楽しみと安らぎをくれている猫たちに、
ありがとう、の気持ちを忘れずに、可愛がってあげようと改めて感じました。
| ぷうこ | 2004/09/30 12:52 AM |

こんにちは。
記事を拝見して、ちょうどわたしも野良(捨て)犬を保護したところだったので、こちらにトラバいたしました。わたしにとって、一緒に生活してきた子を最期の最期まで飼うのは当たり前のことですが、わたしがいつも悩んでしまうのは、捨て犬を保護してしまったときですね。いまも、その問題に直面しています。老犬の引取先など滅多にありません。足手まといになるからこそ、ハンターに捨てられていく猟犬は数知れずです。山里に近いこちらでは、老いた猟犬は珍しくありません。それよりも狩猟区でさえあるのです。獲物を追わせて取り上げ、そのまま置き去りにする例だってあるのです。
厭ですねぇ。
こういう問題に目を向け続けていくと、人というものに失望しかねない怖ささえ感じます。
| mokaneko | 2004/09/30 1:14 PM |

>ぷうこさん
はじめまして。
コメントありがとうございます。
可哀想な子達を増やさない為にどうすればいいのか考える・・・自分に出来ることを始める為の大切な一歩だと思います。
大切なペットを最期まで可愛がる事が自分に出来るせめてもの事だと思います。
わたしもみるくとジャムへの感謝の気持ちを忘れないようにいたいです。

> mokanekoさん
ハンターにとって猟犬はただの道具にすぎないんですね。
もちろん、そうでないハンターも多数いるのだろうと思いますが、
そのような事実があることが悲しいですね。
ワンちゃんの場合、猫と違って里親を捜すのも大変だと思います。
老犬ならなおさらでしょう。
どんな人間でも動物を飼育する事が許されているのは
どうなんだろうと思います。

| piro | 2004/09/30 11:58 PM |

はじめまして。こんばんわ
メリスタさんのトラックバックピープルから
やってきました。

私も同じ意見です。猫にも犬にもどんな
小動物にも感情があります。人間と
なんだかわりのない命です。なぜに人間を
殺すと犯罪なのに動物の命は簡単に
処分できるのでしょうか?

我が家の猫達もいつも感情を表にだして
きます。ちゃんと気持ちがあるからだよね。

この子たちは私が死ぬまでずっと一緒です
だってペットではなく家族です。
結婚する時も相手が反対なら私はしません。
子連れ結婚と同じだと思ってます。

ブームだから、可愛いからだけで
飼わないで欲しいですよね。人間だって面倒な
部分、汚い部分、病気もある。動物だって同じですよね

本当にみていて涙がとまりませんでした
もっともっとマスコミでもこういう問題取り上げて
欲しいですね。マイクロチップ埋め込むのは
可哀想って思うけど、こういう事を考えたら
必要なのかもしれないですね。誰が捨てたとか
すぐわかれば対処できるし。

本当に人間のせいで野良になってるのに・・・
人間って傲慢。。。

山からおりてきた熊が射殺って聞いて
同じく考えてました。もちろん危険なのも怖いのも
わかりますが、もとは人間が森林伐採をしたり
行き場や食べ物を無くしてしまったからなのに・・
もっと考えて欲しいです。

同じように動物を大事にしてくれている
人に出会えて救われました。ありがとう
| まるきち | 2004/10/05 6:50 PM |

piroさんごぶさたしています、ニャマゾン設置いつもありがとうございます♪
mokanekoさん経由でこちらのエントリ拝見させていただきました。
私ね、売れ残ったペットさん達ってどこかでゆったり生きているのだと思っていました。本当にショックでした。

先日、TV番組で、競走馬が引退すると名馬以外はほとんど殺処分されるという事もはじめて知って、かなりショック受けてたばかりでした。

私は無知すぎ・・・(^^;)
でも、皆さんおっしゃるように、誰もが常識として捕らえられるような環境があれば、もっと人間はペットや、野良猫野良犬への接し方や考え方が大きく変ると思うんです。
なぜ、知るひとぞ知る、みたいな状況なのでしょうね、今って。

TBさせていただきました。
| shun | 2004/10/06 12:05 AM |

>まるきちさん
コメントありがとうございました。
山から下りてきた熊が射殺・・・ワタシもニュースでみました。
そして他の選択がなかったのだろうかと、考えました。
たしかに、猫等と違って襲われれば命を落とすこともあるので安易に否定はできません。
以前のワタシであれば“仕方がない”で納得していたと思います。
だけど、動物たちが山を下りて来るには理由があると思うのです。
まるきちさんの言うように行き場や食べ物がなくなっている、
動物たちが山に住みにくくなっているという理由が。
動物たちの置かれている状況に対して、
真剣に考える人がもっともっと増えればいいですね。

>shunさん
コメント&TBありがとうございました。
競走馬も殺処分の運命なんですか・・・知りませんでした。
これまたショックな事実ですね。
人間の道具としての生き物でしかない動物達の存在を、
マスコミはどうして取り上げないのでしょうね。
ブームとして、可愛い動物をアイドル的にはよく取り上げるのに。
まず、生きモノがブームになる事自体、不思議ですけどね・・・。
せめてワタシ達は自分の可愛い家族を大切にしていきたいですね。

| piro | 2004/10/06 1:14 AM |










http://piromilkjam.jugem.cc/trackback/89
私の義務
MILK&JAM DAYSさんの悲しい現実という記事を読んだ。 ここで探偵ファイルというサイトのペットブームの陰にという記事を紹介していた。 かなりショッキングな内容だが、これが現実。 悲しい現実。 以前「誰も知らない」という映画を観た際のレビューで、私は子供
| ネコと映画と私 | 2004/09/29 9:13 PM |
「生き物を飼育する」というコト…
ますはMILK&JAM DAYSサマのコチラの記事をご一読頂きたく。 病
| MerrySTYLE BLOGS | 2004/09/29 10:15 PM |
哀しいかな…
MILK&JAMDAYSさんの記事にトラックバックしております。 こちらの記事にて詳しく書かれてます。 読んで私…哀しくなりました。 野良となった猫や犬は人間たちによって作られたのに…。 以下自分が思うこと。 私の主観なのでそれを踏まえた上で読ん
| Ambitious DAYS | 2004/09/29 10:19 PM |
野良ワンコ……
今朝、またノラワンを保護してしまった。 あまりにも痩せているし、毛なみもダンゴ、 植物の種が全身に付
| ■ねこかぶり(=^・・^=)■ | 2004/09/30 1:07 PM |
好きだから、抱きしめない...
玉川猫物語 隠れなくてもいいんだよ、僕は何もしないから... ...
| 東京自転車生活 | 2004/10/01 12:10 PM |
ペットブームのその裏で。
mokanekoさん経由でMILKJAM+BLOGさんのエントリを読んだ。 以...
| fromshun. | 2004/10/05 11:16 PM |
ガス室からの叫び
先日、めりすたさんのエントリーを通じて、MILK&JAM DAYSのpiroさん
| Lavandism | 2004/10/07 1:16 PM |
飼い主の責任。
ひょんなことから「ネコと映画と私」さんの 私の義務という記事を読みました。 また、そちらにトラックバックされていた 「MerrySTYLE BLOGS」さん 「MILK&JAM DAYS」さん 「LAVAN DISM」さん の記事や各記事に対するコメントも 読ませていただきました。
| Biscotte | 2005/01/26 9:00 PM |
▲動物好きの全ての人に・・▲
動物をいじめる人間が全ていなくなりますように・・。[:しょんぼり:] ■成田青央著 「ペット虐待列島」■ 近年のペットブームのなか、飼い主の知識不足やいい加減な飼育が原因で、夥しい数のペットが捨てられ、処分されています。「よかれ」と思って行なっている
| 作家&社長とか★成田青央xx blog | 2005/05/13 1:03 PM |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
路傍の猫
路傍の猫 (JUGEMレビュー »)
津田 明人
ただかわいいだけではない猫の魅力。
力強く生きている猫達の姿がそこにはあります。
+ NEW ENTRIES
+ CATEGORIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS


人気blogランキング
+ PROFILE
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ